シミの原因や予防法は?できてしまったら対処法はあるの?


シミができる原因は?予防はできるの?

シミの原因はメラニン色素の沈着です。メラニン色素が沈着してしまう原因は、主に3つあります。1つ目は紫外線です。強い紫外線を浴びるとメラニンが大量に作られ、それを上手く排出できないと沈着してしまいます。2つ目は、スキンケアのしすぎや肌への刺激です。必要以上の保湿により肌の再生力が弱くなり、ターンオーバーサイクルが長くなってしまいます。3つ目は、生活習慣の乱れです。睡眠不足や栄養の偏りなども、肌のターンオーバーに影響しメラニンの排出が滞ってしまいます。

予防法は、充分な保湿をすることです。肌が乾燥してしまうと、紫外線へのバリア機能が発揮できなくなってしまいます。肌を刺激しないように、自分に合った保湿をすることが大切です。また、食生活も重要です。バランスの良い食生活を心掛けることがポイントです。バランスのよい食事が難しい場合は、サプリメントで補うこともできます。

シミができてしまったら?

対処法をいくつか紹介します。1つ目は塗り薬による対処法です。即効性があるのは、ハイドロキノンが配合された塗り薬です。漂白作用がありメラニンの活動を抑えてくれます。2つ目はターンオーバーを早めるスキンケア用品を使うことです。即効性はありませんが、時間をかけてシミを薄くすることができます。その他にも皮膚科などでレーザー治療を受けることもできます。医師に相談しながら治療をすることができ、時間をかけずに治すことができます。いろいろな塗り薬や化粧品を試しても、効果がなかった方は一度も相談してみることをおすすめします。

シミは、加齢や紫外線などによってメラニン色素が沈着した状態であり、症状によりスキンケア用品やレーザーなどで対処ができることがあります。