髪は長~いお友達!育毛剤で、末永く髪と友達で居よう!


育毛剤には2つのタイプがあるって知ってましたか?

育毛剤には大きく分けて2つのタイプがあります。医薬部外品と医薬品です。医療品の方は発毛剤と呼ばれることもありますが、これらの違いを理解して使用することが、育毛や発毛には必要なのです。効果としては、育毛剤は、「育毛効果」、「発毛促進効果」、「脱毛予防効果」が、発毛剤は、「育毛効果」、「発毛効果」、「抜毛予防効果」があります。一見同じに見えますが、大きな違いがあります。なぜなら、育毛剤は発毛を促進する効果しかありませんが、発毛剤は新しい髪の毛を生やす効果があるのです。促進と、生やすでは大きな違いがありますよね。

なら、発毛剤を選べば良いの?

それなら、医療品である育毛剤を、発毛剤を、選ベばいいと思うかもしれませんが、そうではありません。効果が強い薬というのは、得てして副作用があるもの。そう、発毛剤には、副作用が起こる可能性があるのです。発毛剤には、ミノキシジルという有効成分が含まれていることが多いのですが、ミノキシジルには「頭痛」、「胸の痛み」、「かぶれ」、「湿疹」などの副作用が起きることがあります。ですので、発毛剤を使うのは、髪の毛が極端に少ない部分がある人、強い効果が欲しい人だけにして、それ以外の方は発毛剤ではなく、頭皮への負担が少ない、医薬部外品の育毛剤を使う方が良いかもしれません。医療部外品の育毛剤は発毛剤に比べ、新しい髪を生やす効果はほぼありません。ですが、頭皮の環境を整えて、今ある髪の毛を太くしたり、抜け毛を少なくする効果はあるのです。まさしく、適材適所。皆さんも育毛剤と発毛剤をきちんと使い分け、髪との長い友情を育みましょう。

女性の育毛剤は、男性向けの商品と比べて、海草やハーブなどを主原料とした身体に負担のかからないものや、頭皮の保湿効果にこだわったものが多く出回っています。