歯医者からインプラント治療を勧められたらどうすればいい?


インプラントの方がいいと考える歯医者は少なくない

虫歯になって根管治療が必要ということになった場合、歯医者によってはインプラントを勧めてくる可能性があります。保険適用の治療を行う場合、歯の神経を取ったあとは差し歯かブリッジをかぶせることになりますが、保険で入れる場合の義歯は自由診療で入れられる義歯と比べると色が変わりやすいなどの面があるからです。それだったら始めから変色しにくく、強度も十分なインプラントにしておいた方がいいということで推してくるわけです。

また、保険治療での義歯は場所によって銀歯になる可能性があり、若い女性の場合、口を開けて笑ってときに銀歯が見えてしまうのは抵抗があるのではないかということで、インプラントを推薦してくることもあります。

費用の問題をクリアできるなら一考の余地はある

では、歯医者にインプラントを勧められた場合はどうすればいいのでしょうか。まず、問題となってくるのは費用です。保険治療の差し歯であれば一本あたり五千円から一万円程度で入れることができますが、インプラントの場合は一本で二十万円程度、場合によってはそれ以上かかるこしも珍しくありません。そのため、お金を用意するのが難しいということであれば断った方がいいでしょう。

ただ、費用の面で問題がないのであればインプラントは魅力的な選択肢といえます。差し歯にした場合、治療後に土台の歯が虫歯になってしまい、義歯をはずして再治療しなければならないこともあり得ますが、顎の骨に金属の土台をつけて義歯をかぶせるインプラントにはそういったことがありません。歯医者の説明をよく聞いて決断するといいでしょう。

鎌ヶ谷の歯医者では、虫歯をはじめとした様々な疾患の治療を行っているだけでなく、定期検診にも積極的に取り組んでおり、健康な歯を維持するために役立ちます。