自分の歯と同じように噛める!!手入れも自分の歯と同じ!!


自分の歯のように噛める義歯の治療

人の歯は子供の時には乳歯が生えていて、成長期において永久歯に生え替わります。永久歯が抜けたらどうなるかですが、残念ながら新たな歯は生えてきません。そのまま放置するか義歯を入れるかの判断が必要です。そのままだと他の歯に影響を及ぼす可能性があるため、歯科では義歯を入れるのを勧められます。一般的には他の歯に引っ掛ける治療が多くなります。それ以外の方法としてインプラントがあり、こちらは骨と義歯が一体化する治療になります。歯に引っ掛ける方法だと固いものはなかなか食べられませんし、他の歯に負担をかけてしまいます。金具が折れやすかったりもします。インプラントは骨と一体化しているので固いものが食べられ、他の歯への影響もありません。

日頃の手入れは自分の歯と同じ

永久歯が抜けた後、歯科治療として義歯を入れるかもしれません。沢山の歯がない時は入れ歯を糊などで固定します。一本だけなら差し歯を他の歯にかけて使います。どちらも定期的な手入れが必要で、寝ているときに外して洗浄液などに浸けておく必要があります。装着したままだと傷みやすくなるので注意しましょう。インプラントで義歯の治療をしたときはどうかですが、日常の手入れは自分の歯と同じで問題ありません。つまりは歯磨きだけです。骨に固定された状態なので、自分で取り外して洗浄液に浸ける必要がありません。入れ歯などだと手入れのたびに外したりするので、置き忘れやつけ忘れなどがあるかもしれません。インプラントは外さないので、忘れるなどの心配が無く使えます。

三鷹のインプラントでは、医師による十分な説明が行われた後で治療を受けられるため、初めての場合でも安心して治療に臨めます。